経理で取得しておきたい資格とは?資格の概要や取得方法、学び方を解説!

会社に入ってくるお金、出ていくお金を1円単位できちんと管理するのが経理の役目です。

会社のお金の全体を把握する必要があるため、未経験で入社するのは難しい職種でもあります。

また、経験があっても、制度や法律の変化に合わせて常に勉強をしていかなければいけない部分もあります。

このように、経理の仕事を進める上では多くの知識が必要となりますので、資格を取ることを検討する方も多いです。

経理に関する資格はたくさんありますが、自分にとってどの資格が必要なのか迷う方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は経理の仕事で取得しておきたい資格について詳しく解説していきたいと思います。

経理の仕事をするのに、資格は取っておいたほうがいい?

経理の仕事の内容は少し特殊な部分があります。簿記の専門用語なども扱いますし、資格を取っておいたほうが良いのかと考えることも多いでしょう。

結論から申しますと、資格は取っておいた方が良いです。

というより、資格を取得する過程で得られる知識が仕事に直結することが多いので、資格の勉強をすることがスキルアップにつながるのです。

勉強するだけでも十分スキルアップできますが、実際に受験して資格を取得することで、未経験でも経理として入社することが可能になる場合もありますし、転職の際にも有利になります。このことから、資格の取得にチャレンジする方が多いのです。

経理の仕事で取得しておきたい資格とは?

経理の仕事では資格の取得を検討するべきですが、経理に関わる資格は多数ありますので、どのような資格があるのか把握できていない方も多いです。

現在のスキルや経験年数によって取るべき資格の種類も変わりますので、ここからは資格の種類や費用などについて、具体的に解説していきたいと思います。

日商簿記検定(3級・2級)

経理に関わる資格の中で最も有名なのが、日商簿記検定です。日本商工会議所が主催しており、就職や転職にも使える定番の資格です。その中でも3級 、2級は初心者でも比較的取得しやすいと思われます。

会社では入ってくるお金や出ていくお金を帳簿にきちんとつけた上で、1年間の利益などを算出する必要があります。帳簿の管理にはルールがあり、そのルールを学ぶことができるのが日商簿記検定です。経理の仕事をするには、ぜひ取得しておきたい資格です。

その詳細とは?

3級は基本的な簿記の仕組みや、小規模企業の経理に関する知識を身につけるもので、2級ではそこからさらに発展し、中小企業などの財務諸表を読めるようになることで経営状態を理解できるようになります。

日商簿記検定3級・2級は年に3回試験が実施され、受験費用は3級が2,850円(税込)、2級が税込4,720円(税込)と、比較的安い金額で受験することができます。

ただし、2級は商業簿記と工業簿記の2科目があり、テキストと問題集(2科目)で最低4冊必要ですので、その費用も加味する必要があります。

勉強する期間は、3級で1~2ヶ月(70時間)程度、2級で3~4ヶ月(200時間)程度が目安です。

1日のうち勉強にあてることができる時間にもよりますが、短期間で取得することも可能です。試験では100点満点中70点以上で合格となります。

また、簿記の資格には日商簿記の他にも、全国経理教育協会が主催する全経簿記、全国商業高等学校協会が主催する全商簿記というものがあります。

簿記の知識を学ぶという点ではどれも同じですが、一般的に日商簿記は社会人が、全経簿記は経理専門学校の生徒が、全商簿記は商業高校の生徒が受験することが多いです。

ネームバリューを考えても、社会人で簿記の資格を取る場合は日商簿記を受験しておくメリットは大きいでしょう。

日商簿記検定(1級)

先程述べた日商簿記検定(3級・2級)よりもさらに難しいのが日商簿記検定(1級)です。

定番の資格という点では同じですが、合格率は10%以下となることが多く、難関試験となっています。

経理の知識をさらに深めて働きたいという方にはおすすめの資格です。

その詳細とは?

1級では商業簿記・会計学・工業簿記・会計学の4科目が試験範囲となります。会計基準、会社法、財務諸表等規則など、法律の面からも会計を学び、企業の経営管理や分析が行えるようになることを目指しています。

日商簿記検定1級に合格すると、税理士試験の受験資格が与えられます。税理士や公認会計士という国家資格を目指しているのであれば、本資格を取得することで新たな道が開けることとなります。

日商簿記検定1級は年に2回試験が実施され、受験費用は7,850円(税込)です。

先に述べたように、4科目分のテキスト・問題集や過去問など10冊ほどの本を購入する必要がありますので、受験費用に加えて、テキスト代にも多少の出費を覚悟しなければいけません。

勉強する時間は1年以上(800~2,000時間ほど)だと言われています。1日に数時間勉強できれば1年ほどで取得が可能ですが、多忙な方や育児中の方などまとまった勉強時間が取りづらい場合は、数年単位で考えなければいけません。

長期で学習する場合は、実際に受ける年に試験範囲の変更がないかをチェックしておく必要があります。

試験は商業簿記と会計学で90分、工業簿記と原価計算で90分とされ、合わせて70%以上の得点で合格となります。ただし1科目ごとの得点は40%以上とされています。

給与計算実務能力検定

給与計算に関する知識や手続きの方法を学ぶことを目的としている資格として、給与計算実務能力検定があります。

一般財団法人職業技能振興会の検定試験で、2級は基本的な給与計算の方法が分かり、明細が作成できるレベル、1級は労働法令や税務などについての知識も問われるレベルとなっています。

その詳細とは?

給与計算実務能力検定は、経理の仕事には欠かせない給与計算についての資格ですので、実務に即した知識を身につけることができます。

受験費用は2級が8,000円(税込)で年2回の実施、1級が10,000円(税込)で年1回の実施となります。

基礎的な知識の他に、実際に給与計算を行う計算問題も出題されます。7割以上の得点で合格となりますが、1級ではそれに加えて、計算問題で6割以上の得点を獲得していることが必要です。

勉強に要する時間は、2級で40~50時間、1級で50~60時間が目安ですので、1~2ヶ月程度の学習で合格が可能です。

合格率も高めですので、比較的短期間での取得が期待できますが、合格後は2年毎に更新が必要ですので注意しましょう。

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

MOSは、マイクロソフトが認定している国際資格です。パソコンソフトである「マイクロソフトオフィス」において、Word、Excel、PowerPoint、Access、Outlookのスキルを認定するもので、就職や転職にも役立つ資格です。

その詳細とは?

MOSは科目別で受験でき、ソフトのバージョンによって試験が異なります。WordとExcelはスペシャリストとエキスパートに種類が分かれています。

スペシャリストは一般的な使い方を問われることが多く、初心者が勉強するのに適していますが、エキスパートは難易度が高く、ソフトの高度な機能を使いこなすことが求められます。

資格取得のためには、月に1~2回行われる全国一斉試験を受験するか、随時試験を実施している会場を選択して受験する方法があります。

受験費用はOffice2016のスペシャリストが10,780円(税込)、エキスパートが12,980円(税込)となっています。また、全ての科目で学割価格があり、2,000円ほど安く設定されています。

勉強に要する時間は、現在のスキルや、普段マイクロソフトオフィスを使っているかどうかで異なります。

普段から使いこなしているレベルであれば数週間で取得が可能ですが、全く触ったことがないのであれば3~4ヶ月を目安に勉強するのが良いでしょう。

ビジネス会計検定

会計の知識が身に付く資格として、ビジネス会計検定という資格があります。

簿記検定と似た分野ですが、簿記検定が財務諸表の作成に重点を置いているのに対して、ビジネス会計検定は財務諸表を分析し、企業の状況を把握する能力を問われるものとなっています。

簿記検定と併せて勉強することで、より深く会計について学ぶことができます。

その詳細とは?

ビジネス会計検定は3級から1級に分かれており、3級と2級は年2回、1級は年1回、全国の受験会場で検定試験が行われます。

3級は財務諸表の基本的な知識を学ぶもので、2級はキャッシュ・フローや損益分岐点の分析などより深い内容を学びます。

1級は、総合的に企業の会計情報を分析できるレベルの知識が必要ですので、自分の求めるレベルに合わせて受験することが大切です。

受験費用は3級が4,400円(税込)、2級が6,600円(税込)、1級が11,000円(税込)です。

試験の合格ラインですが、3級と2級は100点満点中70点以上が必要です。1級は200点満点中、論述式で50点以上、全体の得点で140点以上を取ることが合格の条件となります。

勉強に要する時間は、3級で1~2ヶ月程度、2級で3~4ヶ月程度が目安です。1級は論述式の問題が加わることで難易度が上がりますので、半年~1年ほど見ておく必要があります。

FASS(経理・財務スキル検定)

FASSは2005年11月に始まった検定試験で、日本CFO協会によって実施されています。

こちらの資格も経理や財務に関する学習が必要で、簿記検定と似た分野ではありますが、試験の点数により5段階で成績が決定するという判定方法を取っているのが特徴です。

その詳細とは?

資産・決算・税務・資金の4分野で構成されており、その実務能力を測る試験です。

インターネットにより全国のどこの試験会場でも受験が可能で、上期・下期の二期制を取っています。例えば上期の試験を受験する場合は、上期として定められる期間内であれば、いつどこから受験しても大丈夫です。

FASSの受験費用は11,000円(税込)です。級に分かれていないので、一律でこの金額となります。

勉強に要する時間はどこのレベルを目指すかによって異なりますが、より良い評価を得たいと考えるのであれば、参考書や問題集で万全の対策をする必要がありますので、数ヶ月ほどの余裕をみて試験に挑むのが最適です。

FP技能検定(ファイナンシャルプランナー)

経理の実務に直接関係することは少なめですが、税金や金融資産などお金に関係する知識が幅広く学べるものとして、国家資格であるファイナンシャルプランナーがあります。

資金計画などにも精通しますので、日々の業務の背景などが理解しやすくなり、スムーズに業務を行うことができる場面も期待できます。

その詳細とは?

FP技能検定は3級~1級に分かれており、経理の仕事に関連するものとして受験を考えている方には3級・2級が適しています。

3級は受験できる人に制限はなく、2級は3級合格者か、認定を受けた教育機関で受講が必要ですので、まずは3級から受験するのが理想的です。

学科試験と実技試験で構成されており、ファイナンシャルプランナーを名乗るためには両方の合格が必要です。

受験費用は3級が6,000円(非課税)、2級が8,700円(非課税)で、全国で年3回試験が行われています。学科試験は60点満点で36点以上、実技試験は100点満点中60点以上で合格となります。

勉強に要する時間ですが、一般的には3級で30~100時間ほど、2級で100時間以上の勉強が必要です。暗記する項目も多いので、勉強時間をどれだけ確保できるかがポイントとなります。

公認会計士

公認会計士は医師や弁護士と並んで国家3大資格とされ、合格の難易度は非常に高いです。

しかし、他の2つと異なり大学での専門や年齢を問わず、誰でも受験することができます。

企業の財務や会計の分野で活躍できるのはもちろん、転職や開業を目指す人にとっても非常に価値のある資格です。

その詳細とは?

公認会計士の試験は、1次試験である短答式試験4科目と2次試験である論文式試験6科目で構成されています。

一度に10科目を受験することになるので、同時に幅広い分野を学習することが必要であり、それが難易度の高さにもつながっています。

短答式試験は一度合格すると3回論文式試験に挑戦する資格が得られます。その年に公認会計士の試験に合格できなかったとしても、次の2年間は短答式試験が免除になりますので、ぐっと合格に近づいたことになります。

受験費用は19,500円で、短答式試験は12月上旬と5学上旬に、論文式試験は8月下旬に実施されます。

勉強に要する時間ですが、短答式試験・論文式試験合わせて3,000~5,000時間以上の勉強が必要だと言われています。

一般的には2年以上かかりますが、特に社会人で合格を目指す方は、勉強時間を確保することが難しいので、さらに長期間にわたってチャレンジすることが求められそうです。

税理士

税理士も公認会計士と同様、非常に難易度が高い試験です。

税務に関する業務を専門とし、法律に従って納税に関する書類の作成や申請を行ったり、税金に関する相談や指導が行える立場となります。

開業する方も多いですが、企業内で活躍する場所もたくさんありますので、転職や昇進などにも役立つスキルとなります。

その詳細とは?

税理士の受験には条件があり、大学で履修している科目や特定の資格を取得しているかによって、受験資格の有無が決定します。

社会人になってから大学での履修を考えるのは難しいですが、先に挙げた「日商簿記検定1級」に合格をすれば受験資格が得られますので、まずはその資格の取得にチャレンジするのも良いでしょう。

税理士試験は全部で11科目あり、その中で5科目を受験します。2科目は必修科目で、1科目が選択必修科目、残り2科目は選択科目となります。

科目合格制度を採用しているので、最初の年に2科目、次の年に3科目など段階的に合格を目指すことも可能です。

受験費用は1科目で3,500円、2科目で4,500円、3科目で5,500円、4科目で6,500円、5科目で7,500円です。この他、テキスト代や予備校代なども加味する必要があります。

勉強に要する時間は2,000~5,000時間と言われることが多く、勉強を始める時の自分のレベルにもよりますが、数年単位で勉強に励む必要があります。

経理の資格をとるために、効率的に学ぶ方法とは?

資格に挑戦するためには、試験の日程を確認した上で、計画的に勉強していかなければいけません。

年に何回も試験がある場合は自分のペースで勉強するのも良いですが、年に1回しかチャンスがないものもありますので、あまり時間がない時は効率的に試験対策を行う必要があります。

そこで、経理の資格の取得に向けて、効率的に学ぶ方法について確認していきましょう。

資格専門のスクールに通う

資格に関する知識を確実に身につけたいと思うのであれば、資格専門のスクールに通うのがお勧めです。

特定の資格についてのプロが教えてくれますし、スクールには長年の知識の蓄積があり、最近の試験の傾向と対策なども分かりますので、通うだけでもある程度の知識が身につきます。

また、同じ資格を目指す人がたくさん通っていますので、スクールの中で切磋琢磨できるのも魅力ですし、分からない問題があった場合はすぐに聞くことができます。

ただし、ご紹介する方法の中では最も費用がかかる方法です。資格の種類によって差はありますが、5万円~20万円ほどの費用がかかることが多いです。

費用がかかる分、手厚いサポートで効率的に学ぶことができますのて、時間とお金に余裕があればスクールに通うのが合格への近道です。

通信講座を利用する

スクールに通う時間がない方や、勉強のための費用はなるべく安く済ませたいと思う方は、自宅で通信講座を利用して資格の勉強をする方法もあります。

通信講座とはいえ、テキストやDVDで学び、分からないところはサポートが受けられるものもありますので、自宅で効率的に学びたい方にはぴったりです。

資格の通信講座はたくさんあり、費用もそれぞれ違います。資格によっても違いますが、数ヶ月で合格を目指すものであれば、数万円程度で講座が利用できるものもありますし、通信講座だけで合格を目指すことも可能です。

より専門的な資格を目指す方は、あまり安い講座だけでは合格できるレベルに達することができない可能性がありますので、追加のテキストを購入するなど、自分の実力を客観的に見極めることも必要となる場合があります。

費用は少し高めになりますが、大手スクールの通信講座もありますので、求めるレベルに合わせて講座を選ぶことが大切です。

独学で勉強する

最も金銭的な負担が少ない方法として、独学で勉強するという方法があります。

書店でテキストや問題集はたくさん販売されていますので、必要なものを自分で選び、購入したテキストをやり遂げる自信がある方は、独学でも合格することは可能です。

ここで大切になるのは、自分に合ったテキストや問題集を選ぶことです。口コミなどを参考にしながら、実際に書店で手に取って確認し、自分にとって読みやすく分かりやすいものを選びます。

テキストの選択によって、その後の勉強のモチベーションにも影響しますので、注意して選びましょう。

スクールのようにスケジュールが組まれているわけではないので、いつ、どれくらい勉強するかは全て自分に任せられています。

何ヶ月でテキストのどのあたりまで進む、というように計画的に学習し、分からない部分の答えは自分でテキストの中から見つけ出すという努力が必要です。

また、あまり費用がかからない分、資格を諦めてしまうことも簡単にできてしまうので、強い意思で勉強を続けることが大切です。

経理セミナーを探すにはこちらから >

まとめ

経理に必要な資格は多くの種類がありますが、まずは自分が身につけたい知識や、今後仕事で役立つスキルは何かを考えてみるのが良いでしょう。

現在の仕事だけではなく、5年後や10年後の自分を想像してみると、どんな資格を取得すると良いかが分かってきます。

今の会社でスキルアップしていくか、転職するか、開業するかによっても、取得するべき資格の種類は異なります。

働きながら勉強時間を確保するのは大変ですが、自分が選んだ資格の取得によってスキルアップができるように、少しずつ勉強を始めてみてはいかがでしょうか。

最終更新日:2020年1月21日