経理の仕事内容とやりがいについて知りたい!経理の面白さについて詳しく紹介

経理は会社のお金の流れを把握し、管理する部署です。

会社の売り上げや購入した品物を記録するなど、日々変化する資産・資金を確認する仕事ですので、全ての会社において不可欠な職種です。

1円でも会計の数字が異なると、その原因を確実に見つける必要があるため、日々の業務には厳しい管理能力が求められますが、仕事の中で得られるものはたくさんあり、その道のスペシャリストとしてキャリアを形成していくことも可能です。

そんな経理の仕事について、詳しい仕事内容とやりがいを中心に解説していきます。

経理の仕事内容には、どんなものがある?

経理にはお金に関する様々な業務がありますが、その最終的な目標は、賃借対照表(B/S)と損益計算書(P/L)を作成し、決算を行うこととされます。

賃借対照表は会社の資産と負債をまとめた資料で、会社の現在の経営状態を表しています。

損益計算書は収益と費用を計算することで、会社がどれだけの利益を出したかをまとめた資料で、特定の期間における会社の業績を表しています。

これらの資料は日々のお金の流れを詳細に記録した上で作成が可能となりますので、毎日正確にデータを記録していくことが大切なのです。

では、実際に経理が行う仕事内容について詳しく見ていきたいと思います。

売上の管理

商品を売ったりサービスを提供することは会社の売上となりますが、経理の部署では、どこに、いくらで、何を売ったのかをきちんと管理することとなります。

一つ一つの売上金額を把握し、トータルでいくら売り上げているのかを会社としてまとめる必要があるので、売上に関わる従業員が多数いる場合は注意して処理しなければいけません。

売上の仕訳処理を行う

売上があった場合に、経理としてまず行わなければいけないことは、仕訳処理です。

仕訳とは簿記の用語で、会社で発生した取引を勘定科目と金額で記録する作業のことをいいます。左の「借方」と右の「貸方」に適切な勘定科目と金額を記入しますが、左右の金額が一致するように記入をするのがルールです。

売上の仕訳は、借方に「売掛金」や「現金」、貸方に「売上」と記入します。

売掛金とは、掛け(後で支払うことを約束すること)で売り上げた場合の勘定科目で、支払いがあった時に現金や預金と振り替える処理を行うことになります。

請求書や領収書を発行する

売掛金として処理をしたものは、先方に請求書を発行します。

気をつけなければいけないポイントは、請求に漏れがないようにすること、宛名、件名、金額などに間違いがないかを確認することです。

会計や請求書のソフトを導入している場合は、自動入力されることが多いですが、企業によっては手書きやExcelなど特別な様式を指定される場合もありますので、ミスのないように記入や入力を行います。

請求書は、会社の商品に対して先方に渡す最後の書類です。

気持ちよく取引を終わらせられるように、特に気をつけてチェックをするようにしましょう。

売掛金の入金管理をする

売掛金とは、売上と同時に現金が支払われず、請求書を発行してから一定の期日に支払われるような場合に使われる勘定科目です。

この場合、支払われた現金や振り込み金額の管理が必要です。

売掛金の支払が行われているかを、月末のタイミングやその他の振込日に合わせてチェックをすることで、未払い金額をすみやかに先方に確認することができます。

振込名などで自動的に管理されている場合もありますが、振込名の相違などでうまく紐づかない場合もありますので、その時は自らチェックを行う必要があります。

仕入の管理

会社が物品やサービスを売り上げる時に、その原価として他の会社から提供されるものの費用を、仕入として処理します。

売上の処理と同様に、いつ、どこから、いくらで、何を仕入れたのかを管理することになります。

1つの売上に対して複数の会社がからむ可能性もありますので、漏れがないように確認することが大切です。

仕入の仕訳処理を行う

仕入れをした場合は、仕入の仕訳処理を行います。

仕入の仕訳は、借方に「仕入」、貸方に「現金」や「買掛金」などを入力します。

買掛金とは、売掛金と同様に掛けで仕入れた場合の勘定科目で、支払いをした時に現金や預金と振り替える処理を行うことになります。

買掛金の支払い処理をする

仕入れ先から請求書が届いたら、何の売上に対しての仕入金額なのかを紐づけます。

間違いがないことを確認できたら、規定に従って支払い処理を行います。

会社で決められた支払日が基準となりますが、支払方法や期日が指定されることもありますので、注意して処理を行わなければなりません。

この支払処理によって、仕訳上では買掛金が現金などに振り替えられることとなります。

現金や小切手の管理

経理では、会社にある現金や預金の金額を定期的に確認する必要があります。

現金や預金に変動があったときには必ずチェックを行うようにするのが、誤差を出さないために大切なことです。

また、現金で購入する文房具類や切手など、従業員に直接支払う交通費、仮払金などはその都度適切な仕訳処理を行い、金額にずれのないように管理します。

会社の資産の管理

会社では資産の管理も大切で、建物や車両などはもちろん、金額の大きい備品や在庫品についても管理し、減価償却を行わなければいけません。

「減価償却」とは会社の保有する資産のうち長期間にわたって使用するものについて、一定の金額を「減価償却費」として仕訳することで経費として計上することができ、節税にもつながるものです。

定額法と定率法の2パターンがあり、ルールに従って仕訳処理を行うことになります。

基本的には年度末の処理となりますが、あらかじめ計算をしておくことでスムーズに処理をすることが可能です。

従業員の管理

経理は従業員の管理にも関わることがあります。

従業員の管理は人事部の仕事と捉えられがちですが、従業員に支払う給与の計算や支払い処理、保険関係などは経理で行うのが一般的です。

その詳しい内容についても見ていきましょう。

給与の支払処理を行う

会社では定められた給料日に従業員全員に給料を支払いますので、その口座や金額をきちんと管理することが大切です。

また、給与計算では基本給や通勤手当などの他に、毎月異なる時間外手当を加算したり、各種保険料や所得税を控除した金額を計算しますので、間違いがないように指定口座に振り込まなくてはいけません。

社会保険料を納付する

会社では従業員の社会保険料を毎月支払います。

社会保険料には健康保険料、厚生年金保険料、介護保険料がありますが、従業員の給料から控除した金額と会社負担分の金額を合計したものを月末までに支払うことになっています。

給料の金額によって「標準報酬月額」というものが定められており、その等級によって個人の保険料が計算されています。

労働保険料を納付する

労働保険は労災保険と雇用保険の総称で、業務災害などで働けなくなった場合や、失業した場合などに保険給付がなされる制度です。

労災保険は会社が負担し、雇用保険は会社と従業員が折半して支払います。

雇用保険は従業員の給料から控除され、会社負担分と合わせて納付することとなります。

源泉徴収した所得税、住民税を納付する

従業員の給料から源泉徴収した所得税は、翌月10日までに管轄の税務署に支払います。

基本的には毎月の納付になりますが、特例として従業員が10人未満の会社などでは、税務署に申請書を提出することにより、半年分をまとめて納付することができるようになります。

同じく源泉徴収した住民税は、翌月10日までに市区町村へ納付書で支払います。

ただし、納付を行うのは住民税の徴収方法が特別徴収の場合のみです。従業員が普通徴収を選択している場合は、会社で納付の処理をする必要はありません。

また、所得税と同様に従業員が10名未満の会社などでは、各自治体に申請書を提出することで半年ごとの納付が可能になります。

年末調整を行う

年末調整は、従業員の給料から毎月控除している所得税を年末に正しく計算することで、過不足を確定させる仕組みです。

11月下旬頃から従業員に提出書類を配布し、個人で扶養控除や保険料控除などの記入をしてもらってから回収し、所得税の計算を行います。

源泉徴収した所得税が確定した金額より多かった場合は12月の給料に上乗せして還付し、少なかった場合は12月の給料から引くことで追加徴収します。

源泉徴収票、法定調書などを作成する

年末調整の計算が終了したら、従業員ごとに源泉徴収票を作成し、給与の合計額と控除額などを記載します。

条件によっては源泉徴収票を1月末までに税務署に提出する必要があるので注意しましょう。

また、各従業員に配布した源泉徴収票の内容をまとめた法定調書や、フリーランスや弁護士などに支払った報酬を記載した支払調書も、1月末までに税務署に提出します。

給与支払報告書も作成し、従業員の住んでいる市区町村へ1月末までに提出します。

会社が支払う税金の納付

会社の経営に関わる税金はたくさんあり、それを一つ一つ納付する作業が必要になります。

それぞれ金額や納付方法が違いますので、法人税、消費税、固定資産税など、項目に分けて見ていきましょう。

法人税などを納付する

会社が納付する法人税は3種類あり、法人税、法人住民税、法人事業税といいます。

法人税は会社の所得に課税される国税で、法人住民税と法人事業税は事業所のある自治体に納付する地方税です。

法人税と法人事業税は、赤字の場合はゼロとなりますが、法人住民税は所得で計算される金額に加えて均等割の金額がありますので、赤字の場合も納付義務があります。

これらの3つの法人税は中間申告分と確定申告分の2回に分けられ、確定申告分は決算から2ヶ月以内に納付することとされています。

消費税を納付する

会社は売り上げた金額に応じて消費税を受け取っていますが、その金額をそのまま国に納付するわけではなく、受け取った消費税額から、仕入により支払った消費税額を差し引いた金額を納付します。

法人税と同様に、中間申告分と確定申告分の2回に分けて支払うことができ、確定申告分の納付は決算から2ヶ月以内とされています。

固定資産税、自動車税を納付する

固定資産税は1月1日時点で所有している固定資産に課せられる税金です。会社で所有している土地や家屋などについて、固定資産評価基準に従って現在の評価額が決定され、納税額が決まります。

固定資産税は6月、9月、12月、2月の4回に分けて納付するのが一般的ですが、6月に一括で納付することもできます。

自動車税は4月1日時点で自動車を所有していると課せられる税金です。

個人で所有しているのと同様に、会社でも自動車税を納付する必要があり、1年分の自動車税を5月末までに納付することになります。

月次決算を行う

会社の売上や経費から月ごとの利益を計算し、年度末の決算とは別で行う月ごとの決算を月次決算といいます。

義務ではありませんが、会社の経営状態を把握し、年度末までの予測を立てやすくなるということで導入している企業がほとんどです。

ここで計算された数字をもとに、次の月次決算や年次決算に向けて経営戦略を練ることになりますので、会社の経営において非常に大切な役割を持っています。

年次決算を行う

年次決算では、1年間の売上実績から賃借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書などの財務諸表を作成します。

年次決算は1年間の総まとめとなりますので、決算仕訳を行ったり、各項目を細かく確認する作業も必要です。

また、株主資本等変動計算書や附属明細書なども作成し、決算書として完成させます。

決算書は株主総会でも公開され、会社の信用にも大きく関わる書類となりますので、細心の注意を払って作成する必要があります。

会社の資金繰り

資金繰りとは、現在会社にどれだけの資金があり、収入と支出がいつ、どれだけあるのかを細かく計算することで、会社の資金不足を防ぐものです。

お金の流れを把握し、直近で支払うべきものと支払われるものの金額に無理がないかを調べます。

また、数ヶ月単位や1年単位でも資金が不足しそうな時期がないかをチェックします。大きな金額で売掛金の回収が遅延すると、経費などの支払いが困難になる可能性もありますので、不測の事態に対応するために、常に資金にはある程度の余裕を持っておくことが大切です。

経理の仕事のやりがいとは?

会社のあらゆる数字に関わる仕事をする経理は、数字に抵抗のない人にとっては、とてもやりがいのある仕事です。

普段の仕事の中で、どのような時にやりがいを感じられるのか、いくつか例を挙げてご紹介します。

会社の経営状態を知ることができる

会社員として気になるのは、自分の会社の売上や利益が現在どのようになっているかということ。

しかし、一般の社員では自分の部署の売上などは分かっても、会社全体の数字はなかなか見えてきません。

経理では月ごとや年間を通してどれだけの利益があるのかをまとめる仕事をしていますので、経験を積んでそれなりのポジションにつくと、会社全体の数字とともに経営状態が見えてくるのです。

自分の会社の状況を把握できるのは経理の特権ともいえますし、他の部署と連携して様々な仕事ができるのでやりがいを感じられることもあるでしょう。

社内で頼られる存在になる

経理は経費精算や売上、支払などすべての部署と関わって仕事をすることになります。

言わばお金のスペシャリストという位置づけですので、処理の方法などで社内の各部署から相談を受けることも多くなります。

頼られる存在になることでやりがいも感じられるでしょうし、得意な分野を一つ持っているということで自信にもつながります。

経験を積むことにより、さらに社内で「なくてはならない存在」として成長していくことができるでしょう。

簿記の知識が活かせる

学生時代や社会人になってから簿記の資格を取得した人は、その知識を活かす場所で働きたいと考える人が多いです。

せっかく苦労して取得した資格ですので、その知識を使える職場で働かないと、経験として身に付きませんし、忘れてしまうこともあります。

経理の仕事では、確実に簿記の知識を活かして働くことができるので、資格や知識を持っている人にとってはやりがいを感じられる仕事でしょう。

責任のある仕事が多い

お金や数字を扱う仕事柄、責任のある仕事が多くなりがちです。

小さなミスでも数字のずれは会社の信用問題ともなりますので、責任をもって日々の業務を行う必要があるのです。

大変なことでもありますが、責任のある仕事を任せられているということは、会社からの信頼を獲得しているということです。

その信頼を裏切らないように、きっちりと経理の仕事を全うしていきたいですね。

数字が合った時の達成感がある

月次決算や年次決算では、日々入力した仕訳を様々な表にまとめていかなければなりません。

その時に差異が出ないように、毎日残高と照らし合わせるなどの努力も必要です。その結果、ぴったりと数字が合った時は達成感があります。

日単位、月単位、年単位で数字をチェックするときの達成感も、経理のやりがいの一つです。

経理の仕事の面白いポイントとは?

緻密さや管理能力が求められる経理の仕事ですが、この仕事の面白いポイントとは何でしょうか。

ここからは、経理の仕事の面白さについて、いくつかご紹介したいと思います。

会社全体の情報が集約されている

経理がまとめているお金の情報は、会社全体の数字です。

入社間もない頃は限定された部署の特定の業務だけを扱うかもしれませんが、経験を積むにつれて会社全体の数字が見えてくるような部署で働くことが可能です。

特定の部署にいるだけでは分からないような、会社全体の状況が分かるのは経理の非常に面白いところです。

自分の会社がどれだけの利益を出していて、どのようなお金の動きがあるのかを理解することで、会社への帰属意識も高まることでしょう。

法律や制度に詳しくなれる

経理の部署にいる以上、法律や制度をチェックすることは避けられません。

仕訳経理の仕事には税金の支払いや従業員の保険などの処理も含まれるので、改正される法律や制度は日々チェックしなければいけないのです。

このような業務を行っていると、法律や制度にはある程度詳しくなれますので、経理や税金に関するニュースなどは格段に理解できるようになります。

スキルアップができる

経理は経験を積み、資格などを取得していくことによってスキルアップが可能な職種です。

業務が少し特殊なので、入社してすぐなど業務を深く理解できていない時は、手順に沿って暗記のように業務を行う場合が多々あります。

しかし、そこからスキルアップしていく手段はたくさんありますので、自分の頑張りによって業務の理解度が上がっていくというのが経理の面白さです。

知識を身につけることによって、自分が今何をしているのかが分かる、というのが成長へのステップになります。

会社経営について学べる

経理担当者が年度末に行う決算や、都度行われる資金繰りは、会社を多角的に判断し分析するスキルが必要とされます。

必要な経費、税金や保険、損益などの情報を細かく分析するなど、一つの会社のお金の流れを深く理解することで、会社の経営の流れが見えてくることになります。

もし自分で起業したいと考えたときもイメージがつかみやすくなるでしょう。

「どこの会社でもやっていける」という自信がつく

スキルを必要とする職種の全体に言えることかもしれませんが、経理は特定の会社だけではなく、どこの会社でも必要とされる知識が身に付きます。

もちろん会社によって仕事内容に多少の差はあるものの、今まで蓄積された知識が無駄になることはありません。

経理の仕事では着実に知識が身についていきますので、そのことが「どこの会社でもやっていける」という自信になります。

会社に雇われている、という感覚から、自分で会社を選んで働いている、というように意識が変わるかもしれません。

経理セミナーを探すにはこちらから >

まとめ

経理は日々の売上から年次決算や税金の処理まで、様々な数字を処理する仕事です。

大変なこともありますが、仕事を長く続けることで、経理の魅力に気付いていく人も多いです。

経験を積めば積むほど自分の実力になる仕事ですので、より深く経理の仕事を知ることで、さらにやりがいを感じられるような仕事になっていくことでしょう。

最終更新日:2020年2月14日