就活つらいと感じる時の5個の理由とその乗り越え方とは?

大学生のみなさんが一度は経験する「就活」。

就活は、自分がこの先働く会社を決める一大イベントです。

この記事を読もうとしているあなたは、きっと就活がつらいと感じ、このページにたどり着いたと思います。

周りの友達が就活がうまくいっている人が多い中、自分はいつまでも内定をもらえず孤独感でいっぱいかもしれません。

ただ、就活がつらいと感じること自体は、当たり前のことです。

恐らく、みなさん同じような悩みを抱えていませんか?

就活について考えすぎて、思いつめてしまうのは良くないことです。

今回は、どうして就活がつらいと感じるか、そのように感じたときの解決方法を中心にご紹介いたします。

就活ってつらいものなの??

「就活がつらい」と感じる方は非常に多いと思います。

「どうして就活をしなければいけないんだ」

「いつになったら内定をもらえるんだろう」

「そもそも就活の仕方がわからない」

このような悩みを抱えている学生の方は多いのではないでしょうか?

就活がつらいと感じるのは、あなたがそれだけ自分の将来について真剣に向き合っているということです。

ですのでまずは、「自分は就活を頑張っている」ということを認めてあげましょう。

そもそもこのつらさ、一体どこからやってくるのでしょうか?

それは「理想と現実のギャップ」です。

「今回の選考は絶対受かると思っていたのに落ちた」

「面接ではもっと自分のことを話せるはずだったのに緊張してしまった」

このように自分が想定していた結果が出なかったときに、人はつらいと感じてしまいます。

しかし、残念ながら人生の中で、思い通りにならないことはたくさんあります。

むしろ思った通りに行かないことの方が、普通ではないでしょうか?

ですので、選考に落ちたことについて、くよくよ悩んでいても仕方ありません。

落ちてしまった事実を受け止め、どうしてそうなったかを振り返り、次はどうしたらよいかを考える。

この一連の過程が重要になってきます。

では実際に就活がつらいと思う具体的な理由をみていきましょう!

就活がつらいと感じる5個の理由とその乗り越え方とは?

選考に落ちる 

内定を取るためには、いくつもの選考を通過しなければなりません。

選考というのは、書類選考と面接のことを指します。

企業にエントリー→書類選考→1次面接→2次面接

こういったのがよくあるパターンです!

どの企業も最初書類選考がありますが、この第一関門を通過するだけでも一苦労。

その先のいくつもの面接を通過して、やっと内定がもらえます。

だいたい30社の選考を受けて、1社内定がもらえるかどうかではないでしょうか?

人によっては50社以上受けても、内定がもらえない人もいます。

立て続けに選考に落ちると、ストレスもつらさも増してしまいます。

先が見えなくて、気が遠くなりますよね。

その解決方法とは?

選考に落ちた企業は「自分とは合わなかった」と思えば良いでしょう。

書類選考は面接と違って、相手と対話して選考するわけではありません。

ですので、手応えも掴みづらいし、何が原因で落ちたのかもほとんどわからないと思います。

理由もわからずに落ち続けるというのは、つらいものがありますよね。

そして、選考で落ち続けると「自分の存在が否定された」、「私はダメな人間なんだ」と悲観的になってしまうかもしれません。

そういった負のサイクルに陥ると、抜け出すことが難しいです。

選考に落ちても、「今回も縁がなかった」と思うようにすれば、多少気持ちが楽になるでしょう。

就職活動はある意味、お見合いみたいなものです。

「この人はうちの会社には合わなそう」、「この方は一緒に働いたら楽しそう」など、感覚的なものが選考材料になっている場合もあります。

合否を決めているのは、機械じゃなくて人間なのですから。

もし選考で落ちてしまったら、「あの会社とは相性が悪かったな」と思って次に行きましょう!

根気よく就活を続けていれば、きっとあなたに合う会社は見つかります。

結果が気になり、体が休まらない

選考結果を待っている間は、どうしても結果が気になってしまいますよね。

これも就活をつらいと感じる理由の一つです。

選考はその場で合否がわかるものではなく、後日結果が出るパターンが圧倒的に多いです。

企業によって連絡のスピードは違い、早い企業であれば翌日、遅いと1ヶ月くらい間が空くケースも少なくありません。

選考結果が出るまでは、どうしても緊張状態が続くため、それがさらに負担となって、心理的につらいと感じてしましまいます。

さらに就活は1社だけ受ければ良いわけではありません。

結果を待っている間にも、他の企業の選考を受けなければなりません。

本命企業の面接中に、「A社の書類選考は通ったかな?」、「この前一次面接を受けたB社から今日は電話もらえるかな?」など、余計なことを考えてしまうでしょう。

加えて、企業説明会への参加、履歴書・ESの作成、就活イベントへの参加などやることがたくさんあります。

ただでさえ多忙なスケジュールな上に、緊張状態も続くので、疲弊してしまう人も少なくありません。

その解決方法とは?

忙しい時こそ規則正しい生活を送ることです。

就活中はスケジュールが忙しくなりますが、きちんと睡眠を取って規則正しい生活を送りましょう。

やることが多くて、睡眠時間を削ることもあるかもしれません。

しかし、寝不足で面接に臨むと、パフォーマンスが低下し、普段の実力が発揮できません。

普段から忙しくしていることで、肉体的・精神的に疲弊し、緊張状態が続きます。

この状態から就活がつらいと感じることもあるようなので、しっかりと寝て体力をつけましょう。

お金がかかる

就活は何といってもお金がかかります。

住んでいる地域によって金額は変わりますが、就活にかかる平均費用はおよそ15万円です。

関東圏に住んでいる学生であれば、平均費用よりも少ない額で済みそうですが、地方在住の学生は、平均よりも多い出費を覚悟しなければいけないでしょう。

なかなか内定が出ず就活が長引いてしまうと、それだけ出費もかさむので、就活費用は多めに確保しておくことが大切です。

では実際に、就活に必要なお金の内訳を見ていきましょう。

①交通費:就活にかかる費用の大半はこの交通費にあたります。企業説明会や面接で移動するたびに、交通費でお金が消えていきます。特に地方の学生にとっては、都内に出るために新幹線や飛行機を使うことがあったりすると、簡単に交通費だけで10万円を超える場合もあります。

②宿泊費:地方の学生は宿泊費が必要になるケースもあるでしょう。都内の企業の選考を受けるために、前日からホテルに宿泊し、数千円〜数万円かかってしまうことも珍しくありません。

③スーツ代:就活には当然リクルートスーツが必要になります。スーツ・ワイシャツ・ネクタイなど、一式を揃える必要があるので、こちらもかなりの出費となります。

④その他経費:その他にも、就活でお金がかかるものは色々あります。例えば、スマホなどの通信費、就活対策のための書籍、身だしなみを整えるための化粧品。また、履歴書や証明写真代も額は小さいですが、選考の度に必要となるのでバカになりません。

その解決方法とは?

節約して出費を抑えることです。

このように、就活にお金がかかることは理解できたかと思います。

就活を始める前に、ある程度貯金ができていれば問題ありませんが、そうでない人は出来るだけ出費を抑えるようにしましょう!

その具体的な節約方法を見ていきます。

①面接や説明会を同じ日にいれる

面接や説明会を同じ日にいれれば、交通費や宿泊費を極力安くできます。

複数の会社を同じ日に受ける場合、各路線で販売されている一日乗車券などを活用すれば、交通費を抑えることも可能です。

また、同じ日であれば、スーツやワイシャツのクリーニング代も安く抑えることができます。

②必要なものを貰ったり借りたりする

先輩・友人・家族が就活に必要なものを持っていれば、積極的に貰ったり借りたりしましょう。

例えば、着なくなったスーツ、使わなくなったカバン、読まなくなった書籍などです。

また、今の時代中古品はネットで安く買えます。

メルカリ・ヤフオクなどを使えば、何でも手に入るので活用してみてはいかがでしょうか?

③証明写真はデータで持っておく

証明写真は、毎回撮り直していると、余計な出費がかかってしまいます。

データを自分で持っておけば、費用を抑えることができます。

④親に頼る

これは本当にお金に余裕がなくなった時の最終手段です。

もちろん事前にアルバイトをして、就活の費用を貯金しておくのがベストです。

しかし、予定より就活が長引き、アルバイトをする時間がなく、お金だけが減っていくということもありえます。

こうなると、資金調達をすることが難しくなるので、正直に親に伝えて資金援助を求めることも視野にいれておきましょう。

もちろん、自力で費用をまかなうことが大事なので、こうはならないように、計画的に就活を進めていきましょう。

周りと自分を比較してしまう

就活は早い人だと、4年生になる頃に内定をもらう人もでてきます。

周りの友達はどんどん内定が出ているのに、自分だけ決まらないと不安になりますよね。

例えば、就活中に同じ大学の友人がSNSで「内定もらった!」というような、情報が入ってきたとします。

こういう情報が入ってくると、「なんであいつが内定もらえるのに、自分はもらえないんだ?」と、不安になったりしないでしょうか?

周りの就活がうまくいっているのに、自分だけうまくいっていないと焦ることも多くなります。

その焦りが選考に影響を与えることもあるでしょう。

人は他人と比較してしまいがちですが、そうすることで自分のダメなところばかり見えてしまうので、考えすぎるのは良くないことです。

その解決方法とは?

周りではなく過去の自分と比較しましょう。

就活がうまくいっている人と、自分を比較しすぎると気分が沈んでしまいます。

ですので、他人と比較するのはやめて、過去の自分と比べるようにしましょう!

過去の自分と比較して、「前回の面接よりもうまく喋れた」、「書類選考が通るようになった」など、以前の自分より成長した点を考えるようにします。

このように自己分析をして、自分ができていなかったこと、逆に自信を持ってできていたことを、まとめてみるのが一番重要です!

そうすると自然と、自分の中で就活に対して改善すべき点も見えてきて、前向きになれるのではないでしょうか?

就活は自分は自分、他人は他人と割り切って考えていきましょう!

そもそも正解がわからない

「初めての経験で正解が見えない」というのも、就活がつらいと感じる一つの要因です。

今まで勉強には一つの答えがあり、その答えを求めてきました。

しかし、就活には絶対的な正解がなく、初めて経験することばかりなので途中で辛くなってしまいます。

企業によって求めている人物像も違えば、面接官によって評価するポイントも全然違います。

正解があれば、そのゴールに向かって進むことができますが、就活には正解がないので道に迷ってしまうでしょう。

その解決方法とは?

自分の考えを信じて行動してみましょう。

正解がないのですから、自分の考えを信じて行動してみましょう。

自分がどういった企業に入社したいのか、そのためにはどうような目標を定めたら良いのか。

時間はかかると思いますが、自分自身が納得できる就活をしましょう!

自分自身が後悔しない選択をするのが一番です。

就活のセミナーを探すにはこちらから >

 まとめ

就活がつらいと感じる理由と、その解決方法についてまとめてみました。

そもそも、就活がつらいと考えてしまう人は、新卒で就職できなかったら人生が終わってしまうくらいに捉えているかもしれません。

結論から言うと、「就職できなかったら人生が終わる」なんてことはありえません。

企業に就職する方法はいくつかあります。

  • 新卒で就職する
  • 既卒で就職する
  • アルバイトから、正社員登用される

など、新卒で就職できなくとも、正社員になるルートはたくさんあります。

そう考えると、例え新卒時に全ての企業の選考に落ちてしまっても、人生は何とかなりそうな気がしないでしょうか?

少しくらい人生で遠回りをしても良いように思えます。

また、一流企業に入社すれば、人生が必ずうまくいくわけではありません。

仕事にやりがいを見つけられず、数年で退職することだってありえます。

人によって「良い会社」の基準は様々なので、「この会社に入って良かった」と思えるような会社に入れるよう、後悔しない就活をしてください!

最終更新日:2019年11月27日