人事が勉強するべき6個のこと。学ぶべき内容と学び方、仕事への活かし方を紹介します!

会社に採用された時に最初に接するのは人事担当者であることが多く、入社時のフォローや採用活動の様子など仕事内容をイメージしやすい職種です。

、人事は説明会や面接でみられるような仕事の他にも多くの業務を担っており、学ぶことがたくさんある職種でもあります。

そんな人事の仕事について解説しつつ、学ぶべき6個のことについて詳しく見ていきたいと思います。

人事の仕事ってどんな仕事?

人事は人材に関するプロとして、採用活動や社内研修、異動や配置の管理、昇格などの人事評価を行います。

従業員が社内でどのように働いていくか、マネジメントする役割を担っているのです。

これらの仕事に加えて、人材の管理の一環として労務の仕事も任されることがあります。

労務の分野では、社員の給与計算や、入退社時の社会保険に関する手続き、年末調整の手続き、福利厚生、労働環境の整備などの仕事を担うこととなります。

事務的な部分が多いですが、社員の働く環境に深く関わる重要な仕事です。

大企業では人事と労務が分離されているところもありますが、多くの中小企業では労務の作業も人事部の仕事とされていますので、業務が多岐にわたることとなります。

人事担当者として勉強するべき6個のこととは?

人事担当者が何をしているかについて学びましたが、これらの業務を行う人事が学ぶべきこととは何なのでしょうか。

採用業務などの事務手続きが多いので、特別に学ぶことは少ないと考える方も多いですが、実は多くの知識やスキルが必要とされる職種なのです。

それでは、代表的な6個について解説していきたいと思います。

法律や制度に関する知識

中小企業の人事では、労務の分野の幅広い知識が求められることが多いです。

労働基準法、社会保険の手続き、雇用保険の手続きなど、法律や制度に詳しい人が活躍できる仕事が多いので、法律に関する知識は持っておいた方が良いでしょう。

新しく人を雇う場合、労働保険、雇用保険、社会保険などの手続きが必要ですし、退職する社員がいる場合も同じ量の手続きが求められます。

それに加えて、人事は社員からの労働に関する相談も受け付けることになります。

社員に対して、労働基準法に基づく規定を分かりやすく説明したり、会社の労働環境を整備するためにも、法律や労務の制度に関する知識が必要なのです。

PCスキル

人事では基本的なPC操作は必須となります。採用や社員の管理、分析などデータやスケジュールの管理でPCスキルが必要となります。

と言っても、ワードやエクセル、パワーポイントあたりを上手く使いこなせていれば大丈夫です。

プログラムなどの専門的な知識が必要になることはほとんどありませんので、基本的なツールを使いこなせるようにしておくことが大切です。

研修用資料や会社説明会のパワーポイントなどがスムーズに作成できるようにはしておきましょう。

正確さとスピード

人事の仕事をする上で、正確さとスピードは非常に重要です。

人事の仕事は多岐にわたり、全社員分のデータのチェックをしたり、大きな会社ですと莫大な量の採用データを管理しなければなりません。

そして、採用や労務分野に関しては、ミスが許されない分野でもあります。

社員に関して間違いがあった場合、会社に対する信用が失われることになることを肝に銘じつつ、正確に、かつスピードも重視していく必要があるのです。

コミュニケーション能力

人事は採用にかかわる面談を行ったり、時には社員の相談を受け付けたりと、対面でのコミュニケーション能力が必要とされる場面があります。

こちらの言いたいことを分かりやすく伝えること、相手の話をしっかり聞いた上で適切なアドバイスを行うことなどに加えて、会話の瞬発力も求められますので、コミュニケーションスキルを伸ばしていくことが大切です。

丁寧な話し方と魅力的なスピーチ

会社説明会や新入社員の研修において、壇上で話す機会があるのが人事です。

特に会社説明会などでは、いわば会社の顔として入社を希望する方へ向けて話をすることになります。

その時の態度や言葉遣い、話し方は入社を希望している学生や新入社員の心に強く残ります。

採用業務において人前に立つということは、普段以上に清潔感や話し方には気を配らなければいけないのです。

この時のスピーチをどれだけ魅力的に行うかで、応募者の数も変わってきます。

無理に大げさなことを言う必要はありませんが、誠実にはきはきと話すことが会社の好感度を上げることにつながります。

メンタルヘルスの知識

最近は、激務や人間関係のトラブルなどでメンタルに不調をきたすケースもよく聞かれます。

社員や、その上司から相談を受けた場合は、しかるべき対応をするのも人事の役目です。

メンタルヘルスに関する知識を身に付けておくことで対応がしやすいこともありますし、アドバイスを的確に行うことができるでしょう。

専門的に心理学を学ぶほどの知識は必要ありませんが、病気への理解があったり、対応方法をあらかじめ学んでおくことで、相談された時に迅速な対応をすることが可能です。

心身の不調を訴える方の中には急を要する場合もありますので、すぐに対処できるよう学んでおくことが大切です。

人事担当者が学ぶ方法とは?

人事担当者が学んでいかなければならないことはたくさんありますが、これらの知識やスキルをどうやって学んでいけば良いのでしょうか?

獲得したい知識やスキルによって様々な方法がありますが、いくつかの方法をご紹介します。自分に合った方法を見つけるための参考にしていただければ幸いです。

資格を取る

学ぶ方法として最もスマートなのは、業務に関連する資格を取るという方法です。

例えば社会保険労務士やキャリアコンサルタント、メンタルヘルス・マネジメント検定というような資格です。

業務に関連する資格を取得することで、単純に知識の量が増えますし、資格試験に挑むためには特定の分野だけではなく幅広く勉強をすることになります。

このことにより、人事のスペシャリストという位置に立つことができ、今後のキャリアアップにも繋がります。

社会保険労務士

社会保険労務士は国家資格で、年1回、毎年8月下旬に試験があり、受験料は9000円です。

労働基準法や労働安全衛生法など、人事・労務に関わる法律の知識を身につけることができますので、法律関係に強くなりたい方にはお勧めの資格です。

また、資格自体が重宝されますので、スキルアップや転職の際にも非常に役立ちますが、難関試験ですので十分な対策が必要とされます。

キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントも国家資格です。

受験料は一般的な資格試験と比べると少し高額で、筆記試験が8900円、実技試験が29900円です。

仕事や人生におけるキャリアのコンサルティングを行い、カウンセリングなどによって相談者を支援していくことを目的とした資格となります。

一般的な知識だけではなく実技も試験科目に入ってきますので、実務に則した専門性が必要となります。また、受験するには定められた受験資格を満たしている必要があります。

キャリアコンサルタントも社会保険労務士も非常に魅力的な資格ですが、取得した後に都道府県の登録料や研修費用などがかかります。

全額自費なのか、会社が負担をしてくれるのかは事前に確認をしておきましょう。

メンタルヘルス・マネジメント検定

メンタルヘルス・マネジメント検定はⅠ種は年1回、Ⅱ種は年2回試験があり、受験料はⅠ種が11000円、Ⅱ種が6600円です。

Ⅰ~Ⅲ種の試験がありますが、人事としてはⅡ種以上を取得しておきたいところです。

この検定は、メンタルヘルスケアに関する知識を身につけることで社員の心の健康管理を行い、適切な対処ができるよう目指すものです。

社員から心身の不調について相談を受けた際に役立つ知識を身につけることができます。

書籍で勉強する

資格を取らなくても、自分で業務に関連する本を読んで勉強する方法もあります。

購入して熟読しても良いですし、図書館にもビジネスに関連した蔵書がたくさんありますので、お金をかけずに専門的な知識を身に付けたい時にはおすすめの方法です。

デメリットとしては期限が定められていないので、勉強する意思が固くないと途中で挫折してしまったり、後回しにしてしまう可能性があることです。

また、本によって難易度が異なるので、自分で良書を探し出す必要があります。

その分野に詳しい人におすすめの本を聞いたり、インターネットの書評などを参考に探すと良いでしょう。

同僚や上司から学ぶ

普段からされている方も多いと思いますが、仕事をよく知る先輩や同僚から教わることは最もオーソドックスな方法です。

人事の仕事は経験を積むことで、様々な状況に対処することが可能となります。

経験を積んだ人からのアドバイスは、本を読むよりも的確であることが多いです。

また、分からないことを自分で調べるのには時間がかかりますが、人が相手であれば分からないことに対してのレスポンスが早く、効率的に学ぶことができるのです。

とはいえ、何もかもを聞いてしまうと相手の業務にも差し障りますし、自分で情報を探すことも学びには必要なことです。

理解に時間がかかりそうなことのみ教えていただくなど、謙虚な姿勢でいることも大切です。

日々の業務から学ぶ

細かな業務が多い人事では、日々の経験が学びにもつながります。

常に気を配って、間違えることなく正確に事務処理を行うことも、この仕事には必要です。年数を重ねると自然とスピードは上がってきますが、自分の能力以上にスピードを重視してしまうとミスが増えてしまいます。

採用や労務などの重要な書類は間違いがあってはいけませんので、小さなミスも見逃さないように、正確さにもスピードにもこだわって仕事をするようにしましょう。

人事セミナーを探すにはこちらから >

学んだことをどう仕事に活かしていく?

人事として学ぶ手段はたくさんありますが、学んだあとはそれを実務に活かす必要があります。

具体的にどのように仕事に活かしていば良いのかについても考えていきましょう。

法律の知識を活かす

人事の業務に法律の知識が加わると、業務の効率化が図れます。

例えば社内規定や就業規則について質問があった際に、労働基準法などに基づいた受け答えができると従業員も安心を得られます。

社会保険や年末調整についても、知識があればよりスピーディーに仕事を行うことが可能になるでしょう。

従業員とのトラブルなど、もしもの時にも対処することができるようになります。

法律に関する知識は非常に役立つものですが、条例が改正されることもありますので、日々アンテナを張って新しい情報を収集しておくことが大切です。

コミュニケーション力を活かす

コミュニケーションスキルで社員の考えをうまく引き出していくことで、今後の個人のキャリアについて一緒に考えていくことができます。

社員一人一人と細かなコミュニケーションを取ることで、社内全体の雰囲気を感じ取ることができますので、それを踏まえた改善案やフォローなどにより個人のモチベーションの管理にも繋がることでしょう。

キャリアコンサルティングの資格があれば、その知識を活かすこともできます。

メンタルヘルスの知識を活かす

もし社員がストレスなどで心の病気になってしまったら、メンタルヘルスケアの知識を活用することができます。

通常業務ができるのか、休職した方が良いのかをしっかりとヒアリングし、アドバイスを行います。

また、そのような状態になるまで放置しないようにメンタルヘルスチェックを行ったり、ストレス環境について調査するなど、メンタルヘルスに関する知識を活かして活躍することも可能です。

正確さとスピードを活かす

正確さとスピードを兼ね備えていれば、同じ量の業務でもかかる時間が減少します。

その分を新しい学びの時間にあてたり、漫然とやってきた業務に対して改善をする時間にあてることができます。

従業員の働きやすい環境作りのためには、時には改革も必要です。

学んだ知識をさらに活用することができるように、社内に働きかける時間を捻出しましょう。

まとめ

社内の一人一人を相手に仕事をする人事は大変なことも多いですが、面接をしたり入社時の研修などで教えた社員が、たくましく成長する姿を見ることができるのはとても嬉しいことです。

人事担当者としてたくさんのことを学びつつ、人事のスペシャリストとして成長していきましょう。

最終更新日:2019年12月3日