介護福祉士になるには?資格って必要なの?効率的に学ぶ方法を紹介します!

近年高齢化が急速に進み、介護福祉士のニーズがより一層高まってきました。

人のお世話をすることが好き、やりがいのある仕事がしたい、という人の中には「介護福祉士になりたい」と考えている方もいるのではないでしょうか。

今回は、介護福祉士になるための資格についてや、介護福祉士の国家試験について、介護福祉士の国家試験に合格するための効率的な学習法についてご紹介してまいります。

「介護福祉士」になるためには、どうしたらいいの?

「今は別の仕事をしているけど将来介護福祉士になりたい」「今介護の現場で働いていて、キャリアアップのために介護福祉士の資格を取りたい」と思っているときに、介護福祉士になるためにはどうしたらいいのか疑問に思う方もいるかもしれません。

これから介護福祉士を目指したい方がどうやったら介護福祉士になれるのかご説明していきます。

介護福祉士とは

介護の現場で働いていく場合に持っているとよい資格が「介護福祉士」です。

介護福祉士は”社会福祉士及び介護福祉士法”で「介護福祉士の名称を用いて、専門的知識及び技術をもって、身体上又は精神上の障害があることにより日常生活を営むのに支障がある者につき心身の状況に応じた介護を行い、並びにその者及びその介護者に対して介護に関する指導を行うこと」と定めれています。

自分で入浴や食事ができない方には介護福祉士が入浴介助や食事介助を行い、それと同時にケアの対象者やその介護者に対して自宅での介助方法など在宅での過ごし方のアドバイスなども行います。

介護福祉士が活躍する場とは

介護福祉士になったらどのような場所で活躍できるのでしょうか?

介護福祉士が働く現場はいくつか種類があり、それぞれに特徴があります。

介護福祉士になった方が実際に働いている現場についてご紹介していきますので、今後働く場所を決める参考にしてみてください。

特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームは公的な施設で、基本的には「要介護3」以上の高齢者が入居しています。

介護職員が24時間常駐しており、終の棲家にもなる施設です。

日常的なケアはもちろん、イベントが充実しているので入居者を楽しませるレクリエーションの提供も行います。

介護老人保健施設

介護老人保健施設は公的な施設で、「要介護1~5」までの方が入居できます。

在宅復帰することが前提とされているため、入居の期間が定められています。

医療ケアやリハビリテーションに特化した施設です。

そのため、医師や看護師との医療チームやリハビリを行う理学療法士や作業療法士との密な連携が必要とされています。

介護付き有料老人ホーム

介護付き有料老人ホームは民間施設で、自立から要介護の高齢者まで入居が可能です。

住宅型とは違い介護スタッフが常駐しています。

自立している人も入居できることから、施設全体の介護度は低めとなっています。

デイサービス

デイサービスは日帰りのサービスで、利用者に入浴、食事に加えてレクリエーションなどを楽しんでもらうサービスです。

利用者を自宅まで送り届ける送迎サービスも業務内容に含まれます。日帰りのサービスとなるので、施設のような夜勤はありません。

介護福祉士になるメリットとは

就職で有利になる

学校を出て介護福祉士として仕事に就く場合や、資格を取ってから介護福祉士として転職する場合は、資格のない場合と比較すると就職する時に有利であるといえます。

キャリアアップになる

もともと介護の仕事をしていて自分のスキルを高めたいという方は、介護職員としての資格の最上級ともいえる介護福祉士の資格を目指すとよいでしょう。

より介護に対する専門的な知識を増やせますし、職場でのキャリアアップにもつながります。

介護福祉士になるための受験資格とは?

介護福祉士の資格を取るためには介護福祉士国家試験に合格する必要があります。

この国家試験の受験資格を得るためにはいくつかのルートがありますので、自分がどのルートでいけば介護福祉士になれるのかチェックしていきましょう。

平成29年度に国家試験の受験資格が改訂されたため、最新の介護福祉士の受験資格についてご紹介してまいります。

介護福祉士になるためのルート①養成施設

介護福祉士の養成施設(2年)を卒業すると、平成29~令和3年度の卒業生の場合は5年間の期限付きで介護福祉士になることができます。

その後も永年介護福祉士として登録する場合には、5年間の実務経験を積む(継続勤務のみ)もしくは筆記試験に合格する必要があります。

令和4年度以降の卒業生は筆記試験が必須になります。

養成施設を卒業することで実技試験が免除となりますが、入学の条件としては高卒以上であることが必須です。

また、養成施設入学前に福祉系の学校を卒業している場合は、介護福祉士の養成施設は1年で卒業することが可能です。

介護福祉士になるためのルート②実務経験

実務経験を3年以上積み、「実務者研修」を修了することで受験資格を得ることができます。

実務者研修で実務の講習とテストがあるため、国家試験では筆記試験のみで実技試験は免除されます。

また、実務経験が3年以上あり、「介護職員基礎研修」と「喀痰吸引等研修」の両方を修了している場合も前述同様に筆記試験を受けることができ、実技試験は免除になります。

学生のときから「介護福祉士になりたい」と思っていた方は別ですが、介護職員として経験を積んでから介護福祉士になるという流れが一般的なので実務経験ルートをたどる方が多いです。

介護福祉士になるためのルート③福祉系高校

福祉系高校を新カリキュラム(平成21年度以降の入学者)を修了すると、実技試験免除で介護福祉士の筆記試験を受けることができます。

また、特例高校を卒業した場合、9ヶ月の実務経験を経て国家試験の受験資格を得ます。

このとき、受験申込時に実技試験が免除になる「介護技術研修」を受けるか受けないかを選択できます。

介護福祉士になるためのルート④EPA(経済連携協定)

経済連携協定に基づいて日本の介護施設で働きながら介護福祉士の国家資格取得を目指す、インドネシア人、フィリピン人、ベトナム人はこのルートになります。

実務経験が3年以上必要で、受験申込時に実務試験が免除になる「介護技術研修」を受けるか受けないか選択できます。

介護福祉士の国家試験はいつ?どんな内容?

介護福祉士について、介護福祉士になるために必要な資格についてご紹介してまいりました。

次に、介護福祉士の国家試験の日程について見ていきましょう。試験内容についても合わせてご説明してまいります。

介護福祉士国家試験の日程と内容

介護福祉士国家試験の日程

介護福祉士国家試験の筆記試験は年に1度、1月の末頃に開催されています。この筆記試験の合格者は3月に実技試験が実施されます。

試験形式と合格基準

試験はマークシート形式で5者択一問題です。合格基準は問題の総得点の約60%程度で、かつ指定の11科目群全てで得点を得ることです。

年度によって合格基準のパーセンテージが多少変動するため、「約60%程度」とされています。

試験内容

試験内容は大きく5つの分野に分かれており、「人間と社会」「介護」「こころとからだのしくみ」「医療的ケア」「総合問題」の内容になっています。

そのなかでも細かく科目が分かれていて、指定された科目全てで得点を得ることが試験の合格条件となりますので、全ての分野をまんべんなく理解することが求められます。

介護福祉士の資格を取るために、効率的な学び方とは?

「国家試験なんて難しそう」と不安に感じる方もいるかもしれませんが、学習方法によっては短い学習時間で合格することも可能です。

平成28年度以降の介護福祉士国家試験の合格率は70%と多くの方が合格しています。

これから紹介する効率的な学び方を参考にして、自分に合った学習方法を探してみてください。

試験対策の講座を受講する

介護系の資格を取れる学校では、介護福祉士の受験対策講座を開講している学校も多数あります。

講座では基礎的なことから重要な内容までを講義で知ることができ、問題集も用意されているので効率よく国家試験の学習ができます。

講座は通学コースと通信コースがあるので、講師の講義を直接受けて質問しながら学習したいという方は通学コース、子育て中でなかなか外出できないという方は通信コースがおすすめです。

実務者研修とセットで申し込むと割引の特典があるスクールもありますので、ぜひ調べてみてください。

通学コース

通学コースではテキストや問題集などを使用して、講義や試験対策の模擬試験などを実施します。

受験対策講座の日数は短いものでは4日、基礎から学ぶものでは12~15日程になります。

通信コース

通信コースではDVDの教材やテキスト、問題集などを使用して自宅で学習するスタイルになります。

質問や相談などを、メールや郵送などで対応しているスクールも多数あります。受験対策講座の期間は約3ヶ月から6ヶ月程度です。

過去問とテキストを使って自宅で学習する

資格学校などの受験対策講座を受けずに自分で学習したいという方は、過去3年分以上の過去問題集と介護福祉士国家試験用のテキストを用意しましょう。

おすすめの学習法は、過去問を解きながら問題に関連した内容をテキストで調べて理解するといった学習方法です。

テキストで調べるときには、過去の問題をどんどん解き進めていくことでこれまでの国家試験の出題傾向をつかみやすく、関連した内容をテキストを読むことで理解しておくべき重要なポイントをおさえやすいのでおすすめです。

この学習法を何度も繰り返すことで、何度も間違える苦手分野を知ることができますし、習熟度もアップします。

何度も間違えてしまうという内容はノートなどにまとめておくと、空き時間に手軽に見返すことができるのでおすすめです。

模擬試験を受ける

介護福祉士の国家試験当日が近づいてきたら、自分の学習の理解度を知るために模擬試験を受けてみるとよいでしょう。

模擬試験は国家試験の出題傾向を分析して作られていますし、実際に国家試験と似た形式で受験することになるので、本番の予行練習のためにも受けることがおすすめです。

受験後には解説付きの解答も配布されますので、自宅での復習もしやすくなっています。

資格学校などの受験対策講座の内容に模擬試験が含まれていることや、模擬試験とセットで申し込むと割引になるという講座もありますのでぜひ調べてみてください。

事前に学習のスケジュールを立てる

講座を受講して学習する場合、独学で自宅学習する場合、どちらにも共通して大切なことは介護福祉士の国家試験本番に向けた学習のスケジュールを立てることです。

試験当日から逆算して、いつから学習を開始していつまでには過去問を何周しておくなどの目標を設定して学習に取り組むことで、自分が一日にどの程度学習すべきか分かりますし、自宅学習を習慣づけしやすいのでおすすめです。

試験直前で過去問が1回しか解けていないという状況にならないためにも、事前の計画をきっちりと立てておきましょう。

アプリで学習する

最近ではアプリで介護福祉士国家試験の過去問を学習できるものもあります。

働きながら介護福祉士の資格取得を目指す人は、仕事の休憩時間や通勤時間などの隙間時間にこういったアプリを活用するのもよいでしょう。

アプリはスマートフォンさえあれば学習できるので、通勤時に重たい参考書を持ち歩かなくても手軽に勉強できるのでおすすめです。

介護セミナーを探すにはこちらから >

最後に

介護福祉士になるための資格についてや国家試験について、介護福祉士国家試験に合格するための効率的な学び方についてご紹介してまいりました。

「介護福祉士」は国家資格であることから、介護に関するより深い専門的な知識があることが求められる資格になります。

学習することに不安を感じる方もいるかもしれませんが、介護現場で働きながら介護福祉士になる場合は、業務中に自然と身についている介護の知識もたくさんあるのではないでしょうか。

「介護の分野に興味がある」「介護福祉士になって介護のプロフェッショナルを目指したい」という方は、この記事を参考にして介護福祉士の資格取得を選択肢の一つにしてみてください。

また、介護福祉士になるための効率的な学び方についても、自分に合った学習方法を選択してみてください。

最終更新日:2019年12月23日