介護福祉士資格を徹底解説!概要や取得ルート、取得までにするべきこと

介護の仕事をする上で必須とされている介護福祉士資格。

これさえ保有していれば引く手あまたでどこの施設でも即戦力で即採用してくれるほど効果のある資格です。

そんな介護福祉士資格ですが制度改定により資格取得までのルートや条件が変更になるなど一昔と比べると取得が難しくなっています。

ここではそれらの流れ等を詳しくご紹介したいと思います。

超高齢化社会で求められる「介護福祉士」ってどんな仕事?

超高齢化社会とされる現在の日本において介護福祉士の活躍の場はかなり広がっています。

しかしただ介護福祉士だからと言って求められる存在になる訳ではありません。

一般的に介護福祉士と言えば高齢者の食事・排泄・入浴介助など身の回りのお世話をするのが仕事と思われていますが、それならば介護福祉士である必要はありません。

会のニーズに応じて臨機応変に対応できる事こそが介護福祉士に求めらています。

ニーズは日々変化してきています。法律や制度の改定に伴い様々な考え方が取り入れられており、施設は勿論職員もそれに合わせて変化していかなければなりません。

例えば認知症を始め様々な症状には数多くの変化があります。中には介護福祉士の勉強やこれまでの仕事の中で体験したこともない行動を取られるもあるかと思います。

それに出会ったときに「知らない」「分からない」では通用しません。

まずは何が原因であるのか、どんな時に起きるのかなど多くの情報を収集し考察を行います。

その後その情報を職員間で共有し介助に役立てていきます。

介護業界の人材不足は深刻化していますが高齢化は待ってくれません。ではどうすればいいのか、それは効率化を図ることです。

一人で全て考えていたり情報を抱えていては効率化は図れません。情報の共有化を行い生産性を上げることこそが必要なのです。

国家資格である介護福祉士の資格とは?

介護福祉士は、「社会福祉士及び介護福祉士法」にもとづく国家資格です。

同法第2条第2項において『介護福祉士の名称を用いて、専門的知識及び技術をもつて、身体上又は精神上の障害があることにより日常生活を営むのに支障がある者につき心身の状況に応じた介護を行い、並びにその者及びその介護者に対して介護に関する指導を行うことを業とする者をいう。』と位置づけられています。

介護を必要とされている方々に対し身体介護や生活援助を行うと共に専門的な知識と技術を有する事を証明する資格となります。

介護業界で働くうえで必ず取りたい資格とされており、これを取得しておかないと昇進するにも独立するにも必ず弊害が出てくると言っても過言ではなく、さらに上位の資格を取得する際にも受験資格で介護福祉士が必要となるケースも多いです。

では介護福祉士を保有していないと介護施設では働けないのかと言われればそうではありません。

介護施設で働く場合未経験・無資格でも問題なく勤務が出来ます、というのも介護福祉士は制度改定に伴い一部取得ルートを除き、実務経験がないと取得できないようになっています。

そのためなくても働けますが、全ての業務を行えるわけではありません。介護福祉がない=専門的な知識と技術を有していないことになります。

何かあってもいけないので身の回りの掃除やシーツ交換、介護福祉士と一緒に介助を行うなど裏方のような仕事を任されることが多いのですが、施設によってはそういった経験などは実践の中で学ばなくては身につかないとして、働き始めてすぐに介助を任されたりする場合もありますが、特に法律により無資格の人はこれをしても良いこれは駄目と線引きがある訳でもありません。

また夜勤についても資格の有無は決められていないので、無資格でも夜勤をする場合もあります。

介護福祉士の受験資格について

介護福祉士を取得するには受験資格を満たさなくてはなりません。

ただ取得するためのルートによって受験資格は異なってくるので注意が必要です。

ここでは下記のルートにそれぞれの受験資格を記載してあります。

①実務経験:福祉施設にて従業期間3年(1,095日)以上、かつ従事日時540日以上の直接介護を行っている場合のみカウントされます。殆どの施設が対象となっているので大丈夫ですが、例えば事務的な仕事をする生活相談員や理学療法士などの介護を行うわけでは無い仕事は対象外となるので注意が必要です。

②養成施設:厚生労働大臣指定の専門学校や大学にて所定のカリキュラムを修め卒業することで受験資格を得ることが出来ます。最短であれば専門学校の2年で資格を得られます。

③高等学校:高等学校3年間で最も最年少で資格取得する事が出来ます。数年前までは卒業しても筆記試験と実技試験に合格しないといけませんでしたが、カリキュラムが見直され卒業後筆記試験に合格することで取得できるようになりました。

介護福祉士の資格取得ルートについて

介護福祉士を取得する場合実技試験と筆記試験に合格しなければなりません。このどちらが難しいと言えば私からすると実技試験の方が難しいと思います。

何故ならば筆記試験は過去問を始め様々な参考書も出ており、対策講座を開いてもいますので勉強の幅はかなり広く合格率もかなりと言えます。

それに対し実技試験は勉強がそもそも難しいのです。何故か、それはどんな問題が出るのか分からないからです。

毎年出る問題は異なりますし、実技なので過去問でも少し利用者の状態を変えたり設定を弄ることで介助方法を変えなければなりません。

そうなるとどんなに勉強をしても実際に試験となると、見たこともない問題に直面する事もあり難しいとされています。

実務者研修

平成28年度から新制度が導入されました。それまでは、実務経験さえあれば介護福祉士受験資格を自動的に取得できていましたが、この年から実務経験+実務者研修が必要となりました。

実務者研修が必須となった裏には様々な理由がありますが、例えば介護福祉士の質の低下があります。

資格取得が容易に出来てしまうとその分実力の伴わない、質の低い介護福祉士が増えてしまいます。

介護業界では超高齢化社会に伴い年々介護ニーズが多様化しており、これまでのようにただ介護をしていればいい仕事ではなくなりました。

そういった時代のニーズの適応した介護福祉士を増やすためには、実務経験だけでなく質の高い介護サービスを提供できるように基本的な介護提供能力の取得が必須となりました。

一見すると面倒なように思えるかもしれませんが、実務者研修は初任者研修同様に学歴・年齢・実務経験などの受験資格条件が存在しません。

つまりは誰でも取得する事が出来るのです。これから介護業界で働きたい方で先に実務者研修を取得していれば就職の際にかなり有利になれます。

何故なら3年働けば自動的に介護福祉士を受験する権利を有するのですから。実務者研修は450時間のカリキュラムから構成されています。

基本的な座学から介護技術・医療的ケアまであり研修最終日には試験もあります。

ただそれで落ちるケースは殆どないので安心してください。問題があるとすれば取得費用です。

実務者研修は多くの会社が実施しており全国展開している所から地域限定の所まで様々ありますが、費用の上限は特に決められておらず、有名会社では20万円近くするのに対し、安い所では7,8万円とかなりの差があります。

この差には様々なサポートが含まれており、高い=ぼったくりではなく少人数体制の教室で講師も多く派遣しみっちり教えてくれる所や、カリキュラムの中に筆記試験が含まれるのですが、ネットで受験する事が出来る等様々な要素があり一概に安い所が良いとは言えません。

介護事業所の多くは資格取得をサポートしているので実務者研修費用も支払ってくれるところが多いのですが、就職前に取るのは全額自己負担になるので注意が必要です。

実務経験からの取得

これが一番多いのではないでしょうか。介護業界は深刻な人材不足の為、未経験でも気軽に働ける場となっています。

まずは現場に入り、そこで様々な知識や価値観などを学んでいくことが合格への近道と言えます。

実務経験3年とされていますがこの3年には大きな落とし穴があるのです。

例えば週に3日だけのパートで働いたとします。3年続けたので実務経験は問題ないように思えますが、実務経験3年には従業期間3年(1,095日)以上、かつ従事日時540日以上という条件が指定されています。

また年次有給休暇・特別休暇・出張・研修なども直接介護に従事しているわけでは無いのでカウントされません。

そのため3年で実務経験がOKになるのは、基本的に正社員の場合が多いかと思います。他にもルートはいくつかありますが、一番の問題は費用面です。

介護施設で3年間働いたとします。手取りが15万円とすれば15万×36か月で540万円になります。

例えば専門学校に通ったとして2年間で200万から300万円の費用が必要となり、就職前に資格を取得できたとしても介護福祉士保有時の資格手当は基本的に数千円程度なので、専門学校の学費を回収しようと思うとかなりの年月が必要になるので、多くの方が未経験・無資格で就職し仕事の中で経験を身に付けていくスタイルとなっています。

介護系専門学校からの取得

このルートの取得は平成28年度までであれば、かなり取得しやすいルートとなっていました。

何故なら卒業と同時に介護福祉士を取得する事が出来るからです。

実務経験であれば3年必要なところが2年勉強すれば取得できるので、1年間カットする事が出来ました。

専門学校とはいえ常に介護の勉強をするわけでは無く、他にも様々な事があり働くよりはかなり楽に取得できていました。

しかしそれも平成29年度の卒業生から変わりました。その年からは自動的に取得できるのは受験資格であり、筆記試験に合格しなければ取得できなくなりました。

かなり難しくなったように思えますがメリットもあります。まず先述した通り2年で受験資格をGET出来るのと実務者研修も必要ありません。

時間としてはかなり短くできるので、その分介護福祉士として働くのが早くなっています。さらに通常であれば試験に落ちれば取得は出来ません。

年に1回の試験なのでまた来年受けなくてはなりませんが、平成29年度から33年度までの間に、介護福祉士養成施設を卒業した者は、当該卒業した月の属する年度の翌年度の4月1日から5年間、国家試験受験の有無に関わらず、介護福祉士の資格を有していると認められるようになりました。

卒業後5年以内に合格すれば受験資格を失うことは無く、さらに5年間合格できなくても従事さえしていれば自動的に取得する事が出来るようになっています。

ただ問題としては福祉科のある高校が極端に少ない事です。都道府県によっては1校のケースもあります。

それだけ少ないのには訳もあり、中学生の時点で将来介護の道に進みたいと思う方は非常に少なく将来も曖昧な方も珍しくありません。

福祉科に入ったからと言って将来福祉に進まなくてはいけない理由にはなりませんが、普通科と比べると差は出てくるかと思います。

そのため毎年の受験者数もあまり多いとは言えない為、開校しても人が集まりにくいため数が少なくなってしまうのです。

福祉系高校ルートからの取得

このルートは最年少で介護福祉士を取得できます。つまりは18歳で卒業と同時に介護福祉士を保有している状態も夢ではなく、取得できればいわばエリートです。

実務経験から取得しても18歳からの就職なので21歳が一番ではないでしょうか。

専門学校に入っても20歳となるので、18歳から保有できるのは今後介護業界で働いていくのであれば、その上のケアマネージャーなども実務年数が取得条件となっているので最短最速で取得できるのは魅力だと思います。

ただこのルートは、これまで紹介したルートの中で一番難しいルートと言っても過言ではありません。

例えば専門学校の場合必須科目やカリキュラムはありますが、それは法律で定められた介護福祉士取得に必要な物のみとなりますが、高校の場合それプラス一般的な教育も付随されるので、数学や英語などの必須科目も同時に勉強しなければならないのはかなり大変かと思います。

ただ軽くなったといえばそうも言えるのです。これまでは高校卒業と同時に資格を取得できるのではなく、受験資格を得るだけでした。

今でもそれは変わりませんが、昔は筆記試験の他に実技試験も含まれており高難易度として有名でした。

実技試験が免除される分、新カリキュラムでは必須項目が増えましたが比較的簡単になったと言えます。

介護福祉士の資格を取得するまでにするべきこととは?

本来資格を取得するのであれば参考書や過去の問題などを見て勉強しておくのがベストではありますが、介護福祉士の場合それをしても意味がありません。

何故かと言うと、介護の世界では毎年のように様々な法改正が行われます。

そのため試験を受ける時点で一年前の参考書では法律も制度も異なっており、直近の介護に関するニュースなども掲載されている場合もあり、古い情報は逆に悪影響になってしまうかもしれません。

また過去の問題についてもですが私は2回試験を受けたことがあるのですが、一昔前までは過去問を解くのも資格取得するうえで有効的な方法ではありましたが、ここ数年でガラリと試験問題が変容してきています。

まず過去の問題が出る事は殆どなく、先述したように制度や考え方も変わってきているので、同じ問題だとしても答えが違う場合があります。

他にも参考書に載っていない変な問題も多く、これに関して言えば運任せなところが多いです。

そのため勉強方法なども通常とは異なりますが、ここでは試験合格までに私がしていた方法をご紹介したいと思います。

様々な仕事を経験する

介護福祉士試験では自分が行ってきた仕事の中に答えがあると言っても過言ではありません。

例えば介護の現場で仕事をされている方が介護福祉士の過去問を解いてみた場合、参考書を読んでいなくてもある程度の問題を解くことが可能です。

例えば数学のように計算式やそれを知らないと問題が解けない物がある訳ではありません。必要なのは読解力です。

文章問題では自分が実際にその介助をしてみた場合どのような方法を取れば一番最適かを考えることで答えが導き出されます。

逆に言えば介護の経験がないまま試験を受けてしまうと中々解くのが難しいと言えます。

ただ毎日漠然と仕事をしていても意味がありません。何をするのかと言うと施設には様々な病気や障害を抱えられている方が多く、一人一人異なった介助方法があります。

一人の方に集中して対応するのではなく、様々な方に接することで問題を解くための経験を増やして行くことが大切です。

全体的な勉強を心掛ける

他の資格であれば例えば自分は文章問題が得意だからそちらを集中的に勉強し、逆に法律関係は苦手なので捨てて勉強するという方法があります。

試験に合格するのは要は合格点を満たしていれば良いだけなので苦手な分野があっても構いませんが、介護福祉士試験の場合そうもいきません。介護福祉士試験では下記の項目に分けられます。

  • 1.人間の尊厳と自立、介護の基本
  • 2.人間関係とコミュニケーション、コミュニケーション技術
  • 3.社会の理解
  • 4.生活支援技術
  • 5.介護過程
  • 6.発達と老化の理解
  • 7.認知症の理解
  • 8.障害の理解
  • 9.こころとからだのしくみ
  • 10.医療的ケア
  • 11.総合問題

これら11項目に分けられて問題が出題されるのですが、全ての項目において1問正解していなければ合格にはならないのです。

実際に私の知人に自己採点の結果合格点が100点を超えており、絶対に受かっていると職場に報告し浮かれていた知人が、結果1項目で点数を取れなかったために100点を超えていたのに不合格と分かり落ち込んでいたのを見たことがあります。

そのためどれかに特化した勉強をしても意味がありません。特に気を付けなくてはならないのが一番最初に出題される〇人間の尊厳と自立です。

これは過去の歴史の中でとある人物が発した言葉や宣言などが出題されるケースが多いのですが、年によっては4問程度とかなり少ない範囲で出題された事もあり、聞いたことのないような問題が出る事も多いので気を付けなければなりません。

参考書だけでは不十分

参考書を見て勉強する事は大切ではあります。毎年法律、制度、ニーズは変容しつつあるため最新の情報を取り入れることで合格に近づくことが出来ます。

しかし昨今の試験においてそれだけでは不十分という事が明確に現れるようになってきました。

例えば次のような問題があります「Dさん(84歳、女性、要介護3)は認知症(dementia)があり、訪問介護(ホームヘルプサービス)を利用している。ある日、Dさんが、訪問介護員(ホームヘルパー)と一緒に衣装ケースを開けたところ、防虫剤がなくなっていた。Dさんは、新しいものを補充してほしいと訪問介護員(ホームヘルパー)に依頼したが、防虫剤の種類や名前はわからないという。この衣装ケースに補充する防虫剤の種類として、最も適切なものを一つ選びなさい。」・・・流石にしらないとしか言えません。

この年は、この問題が数々の物議を生み出し解答割れが様々なところで発生してしまいました。

そもそも参考書にはないし、実務経験の中で同様の状況に遭遇する事はまずありません。

このように参考書やそれまでの経験の中では解くことのできない問題が出されることが多くなってきました。

ではそういった問題にはどう勉強して行けば良いのかと言えば私の考えではありますが、捨てても良いと思います。

介護福祉士試験では11項目で点数を取る必要があるのは先程説明しましたが、正直勉強は時間の無駄遣いです。

何故なら出題範囲が全く分からないからです。

防虫剤なんて参考書になければ介護に関する書物でもまず載っていませんし、介護福祉士試験を初めて受験した5年目の私でさえ経験したこともなければ聞いたこともありませんでした。

大切な1問ではありますがそれに悩むよりも、出題範囲の分かる問題に時間を掛ける方が効率的だと思います。

ただ対策だけはしておきましょう、参考書以外にも福祉新聞でここ数年の間に起きた問題に目を通してみたり、最近では災害が起きた時の高齢者の避難などが問題となっているので、それらに関した問題が出されています。

避難に関する知識を身に付けておくのも大切です。

試験当日の準備を徹底する

これは実際に試験を受けに行く時の話になりますが、試験場所や時間を把握するのは勿論ですがそれだけでは不十分と言えます。

まず介護福祉士試験は例年1月の末に行われます。つまりは冬の寒い時期になり場所によっては雪が降る可能性も十分に考えられます。

各都道府県にて試験が行われますが、介助によっては数千人から数万人の受験者となる場所も多く、駅からバスが出ていたりと移動には問題ないように思えますが、それだけの人数が移動するわけですから電車が満員であったり、自家用車で行くことで渋滞に巻き込まれるなど様々なトラブルに遭遇する可能性が高いです。

毎年交通トラブルで試験開始時間に間に合わなくて入室出来ない方を目にしますが、そうならないようにするには事前にどのルートで行くのか複数のルートを事前に調べておいたり、時間に余裕があるのであれば、試験会場周辺でホテルなどに泊まることでそういったトラブルに遭遇することもなく、時間の許す限り勉強する事が出来るのでお勧めです。

参考書は1冊にする

介護福祉士に関する参考書は様々な出版社から出されています。書店に行けば色々な本があり目移りしてしまうかもしれません。

しかし多くの参考書を買えばいいと言うわけではありません。

何故なら実際にはニュアンスや解釈が異なるだけで殆ど言っている事が同じなのです。

介護福祉士の試験会場に行くと稀に数十冊の参考書を机に広げ見ている人がいますがまず落ちます。

解釈が違う為に問題を解く際に余計な時間を要してしまいます。

医療的ケアの重点的な勉強

介護知識や技術であれば日々の業務の中で身に付けれることでしょう。ただし医療的ケアに関して言えばまず介護福祉士を保有していなければ行うことは出来ないので、業務の中で経験する事はまず不可能です。

実務者研修で初めてかかわったと言う方も珍しくありません。

参考書や実務研修の短い時間からでしか経験を得ることが出来ないので、とにかく多くの事例を調べその時々に合った対応の仕方を学んでおくようにしてください。

また現在の介護福祉士では取得しても医療的ケアを行うことが出来ません。

介護福祉士取得後に定められた研修に参加したのち許可が下ります。

仕事以外からも勉強の機会を得る

介護の仕事の中で得られるものは多く、日々多くの事を学べる良い機会となります。

しかしその反面、各施設によって対応していない業務があります。

例えば特別養護老人ホームであれば訪問系の仕事では無いので、そちらに関する知識や技術に疎いなど介護福祉士に必要な知識や技術を仕事の中から全て得るのは実質不可能なのです。

ではどうすれば良いのかというとボランティア活動がベストです。

介護業界におけるボランティア活動はかなり多方面で行われています。

今まで自分が体験したことのない新たな発見する事が出来るかもしれませんし、最近の介護福祉士試験はボランティアに関する事であったり子供が幼稚園で習うようなレクリエーションに関する問題が出るようになってきました。

それは介護福祉士が介護に関する知識と、技術を保有していればいいと言う一昔前まで求められていた姿ではなく、様々なニーズに対応できるようになってもらいたくてそういったレクリエーションの問題が出されるようになっているのです。

実際に私は過去に2回介護福祉士試験を受験しましたが、過去問では無かったような「こんなこと仕事の中で学ばなかった」「参考書に載っていなかった」ような問題に直面したことが多く、それまでの勉強の中で必要ないと思っていたことが問題として出されていたのにはビックリしました。

そのためここ2年程は問題の範囲がかなり広がっており、参考書を読んでいれば全問正解できる可能性はゼロになり何が出るのか全く分からなくなっています。

受験対策講座を活用

介護福祉士試験が近付いてくると、塾の講習みたいに短期間の間でみっちりと勉強する対策講座が全国各地で開かれるようになります。

過去問を解き続けるのには限界があり、あまり昔の問題を解いても法制度の改定やニーズの多様化により考え方も変わっておりあまり意味がありません。

そのため過去5年の問題を解きますが、介護福祉士試験において過去問がそのまま出たケースは殆どありません。

つまり過去問を解いても試験に合格できるとは言えないのです。

そこで受験対策講座です。こちらに参加すれば、介護のプロが独自の問題を考え出題傾向から出される確率の高い問題を提示してくれます。

私たちはそれを解き詳しく解説もしてくれるので理解度を増すことが出来ます。

最近ではネットで出来る講座もあるので便利になっています。

多くの口座が有料となっていますが、実務者研修を受けた場合はその研修の主催会社が講座も行っているので、無料になったり割引されて受けることが出来るのでかなりお得と思います。

介護セミナーを探すにはこちら >

試験当日についてアドバイス

試験当日は会場によっては数千人の受験者でごった返しています。

人が多く落ち着かないかもしれませんが、自分のペースを崩さないようにしましょう。

気を付けなくてはならない点として、まず試験が開始され一定時間が経過すると途中退室が可能となります。

午前であれば午後の試験に向けて勉強する時間を確保したり、勉強場所の確保、昼食など様々な目的から午後であれば早く帰りたいという思いから途中退室します。

かなりの人数が退室するので焦るかもしれませんが、時間は十分に残されているので周りは気にしないようにしましょう。

また試験となると見直すことがあるかと思います。これは経験談ですが見直しはあまりしない方が良いかもしれません。

例えば数学の問題であれば明確な答えがあるので、正解かどうかはある程度分かるかと思います。

しかし介護福祉士試験の場合、かなり微妙な問題が多く見方によっては正解に思えてしまい絶対に不正解という選択肢があまりないのです。そのため見直すと合っていたのに変えてしまったことが何度かありました。

そのため見直しは回答ではなく、マークシートにずれが無いかの確認を行いチェックが薄い所は丁寧に塗り直すなどに留めてください。

また試験終了後当日~翌日には様々な会社から解答速報が流れてきます。

公式の発表はまだ先になるので、答え当た背の為にも問題用紙に自分のチェックした回答に〇を入れておき後で見直せるようにした方が良いです。

最後に(まとめ)

いかがでしたでしょうか。

介護福祉士を取得するためには様々なルートがあります。

超高齢化社会に突入した日本では介護福祉士に求められているニーズが年々変化しており、ただ食事や排せつなどの生活面の介護をしていればいい時代はすでに終わっています。

様々な病気や症状を持つ方に対応する事が出来、ニーズにこたえられる質の高い介護サービスを提供できる介護福祉士がいま求められています。

そうなるためにはただ実務経験を積むのではなく、自分自身をスキルアップさせるためにも3年で多くの事を学び、周りよりも優れた介護福祉士になれるように心がけましょう。

最終更新日:2020年1月14日