介護福祉士がスキルアップするには?そのための方法やおすすめの資格を紹介します

介護福祉士は介護の仕事していくうえで絶対に取っておきたい資格と言えます。

これが無いと仕事をしていくうえで様々な制限が掛かってしまい給料もかなりの差が出ます。

国家資格である介護福祉士ですがこれさえ取得しておけば後は大丈夫なのかとよく聞かれることがあります。

答えはNOです。言わば介護の登竜門でありスタート地点に立てたに過ぎません。ここでは特別養護老人ホーム・デイサービス・グループホーム・障害者支援施設など、複数の施設で10年以上介護福祉士として勤務してきた私が介護福祉士がスキルアップする方法とメリットなどを紹介します。

介護福祉士がスキルアップするとどんなメリットがある?

介護福祉士を取得後、それ以上先の資格もなく仕事をするうえで制限も無いのでスキルアップしても意味が無いと思われ方も居ますがそれは大きな間違いです。

キャリアアップに繋がる

介護の仕事は離職率が高いと言われています。その原因は様々ですが私が経験してきた中で思うのは、現場に長くいる人ほど辞めやすいという点です。

具体的に説明すると直接介助をするのが介護ではあるのですが、介助者も年齢により身体が負担に耐え切れず腰痛になったり、体調を崩しそのまま辞めてしまう方が多くそうならない為には前線から引くのも一つです。

介護施設は何も利用者様の介助をしていれば施設が回る訳ではありません。サービスを考える人が居れば運営を行っている人など、様々な仕事に携わっている方が居て初めて施設が回るのです。

例えば施設長やサービス提供責任者などへのキャリアアップを目指せば殆ど事務作業になるので定年まで働くことは出来ますし独立をされる方もいます。

先述しましたが介護福祉士はスタートラインでありそこから様々な将来を描くことが出来ますが、そこで止まってしまえばドンドン後輩に抜かれていき、選択肢が無くなってしまうので将来設計はしっかりしておきましょう。

給料が上がる

介護業界では資格給という物が存在します。他の業界でも特殊な資格を持っていればそれだけ任せられる仕事も変わってきますのでその分給料への上乗せが発生します。

介護福祉士を取得すれば資格給がありますが、キャリアアップすることで大幅アップが期待できます。

介護の仕事は中々給料が上がりにくいと言われており業績次第では給料が前後する可能性がありますが、資格給は一律で確実にもらえるので安心です。

また施設によっては法人内資格が存在し法人内で行っている研修などに参加することで給料がアップすると同時に、キャリアアップにも繋がり早い人数年で介護主任や施設長になるケースもあります。

介護福祉士がスキルアップするための具体的な方法とは?

スキルアップと言われても何をすればスキルアップにつながるのか、どのような方法があるのか具体的な方法が分からないのでそこで躓いてしまう方がいます。

ここではスキルアップに繋がる方法をいくつかご紹介します。

自己研修に参加する

介護業界では「自己研磨」という言葉を重要としています。

例えば営業職であれば契約件数などの業績によりその人が頑張っているかなど判断材料があり、そこから出世したり給料が上がったりしますが、介護の場合明確な成績等は無く、日頃の仕事の中からそれを判断するのもかなり難しいのです。

そこで職員は自己研磨しなくてはなりません。

具体的には研修に参加し様々な事を学んでいきます。

場合によっては報告書を提出しなければなりませんが、自分から進んで研修に参加したと言うのは施設からすると意欲がある、向上心があると見なされ一目置かれたり昇進に繋がります。

資格に関しては何でもいいと思います。なんとなく受けた研修が後々思わぬところで役に立つ経験を何度もしてきました。

直接介護に関する研修だけでなく、時間があれば何でもいいので研修に参加して見るのも良いかもしれません。

介護セミナーを探すにはこちらから >

資格を取得する

一般的に介護の資格と言えば介護福祉士やケアマネージャーなどの資格が有名です。

国家資格だけあって毎年多数の方が受験されている人気の資格ではありますが介護には他にも様々な資格が存在します。

例えばレクリエーション関係の資格や接遇の資格、認知症や高齢者住宅に特化したものなどがあります。

それらを取得しても資格給は発生しませんが、毎日の仕事の中でコミュニケーション能力が向上したり分からなかったことが分かるようになり、様々なカンファレンス等の場で発言できるようになります。

介護福祉士のスキルアップにおすすめの資格とは?

介護福祉士の資格を取得すれば将来安泰で仕事が無くなることは無いと思われています。

確かに介護福祉士は数ある介護の資格の中で国家資格であり取得条件が難しくなっているために取得できれば転職先は、選び放題で引く手あまたです。

しかしながら介護福祉士は介護の世界ではただのスタートラインに過ぎません。

そのまま介護福祉士だけでは将来的にスキルが足りず取り残されてしまいます。

今は介護福祉士を持っている事で採用面接のときに「介護福祉士を持っているなら即採用」と言われていますが、超高齢化社会に突入した日本にとって介護の仕事は年々人気が増しており介護福祉士の取得者も増加しています。

そのため今後介護福祉士を持っているのが当たり前の時代が来てもおかしくありません。

取得しておけば必ず役に立つ便利な資格は多数あります。ここではそれらの資格をご紹介します。

ケアマネージャー

介護福祉士を取得された方の多くが次に目指す資格がケアマネージャーです。

これは介護の現場で必要な資格で主に各御利用者様に提供するサービスなどの計画をまとめたケアプランの作成やご利用者様の意見を聞いたり、施設とご家族の間に入って話し合いをするなど業務内容は幅広いですが現場で直接介助をすることは殆どなく主に事務作業になります。

そのうえ給料はかなりの増額が期待でき将来的な事を考えるのであればケアマネージャーは必須です。

夜勤もなくなり毎日日勤なので不規則な生活から解放されるためご家族がいる方は是非取得をお勧めします。

取得条件は介護施設等で5年以上の勤務経験+介護福祉士を取得していれば受験資格を得られます。

喀痰吸引等研修

資格ではありませんが介護福祉士を取得し介護施設で働かれるのであれば必要になってきます。

実務研修にて医療的ケアの研修がありますがあれだけでは実際に医療的ケアを行うことは出来ません。

介護福祉士を取得後に実地研修に参加したのち実査に施設で行うことが出来ます。

重度のご利用者様が入居されている施設では医療的ケアはまず必須になります。

喀痰吸引が必要な利用者、食事ができず経管栄養が必要な利用者に対応することが出来るので仕事の幅はかなり広がります。

レクリエーション介護士

私も最近になり取得した資格ですが、介護施設で勤務すると最初に直面する問題としてレクリエーションが挙げられます。

施設によってはほぼ毎日のようにご利用者様と一緒に何らかのレクリエーションを行うのですが、空きが来ないように毎日違った遊びを考えたりしなければならないのですが、これがかなり大変で同じのを繰り返してしまうと飽きられてしまい生活意欲が低下してしまいます。

逆に難しければ出来なかったことに対して辛い思いをされてしまいます。

そのため誰でもできるレクリエーションを考えていなかければなりません。

レクリエーションはコミュニケーションを行う上でとても便利なので是非取得してください。

受験資格は特になく現場経験も必要ないので入社する前に取得される方もいます。

介護食士

グループホームや訪問介護などで業務に調理が含まれている方におススメの資格です。

主に介護食に関する事になります。調理師資格があれば便利ですがこちらは国家資格となり専門学校等に通う必要がありますが介護食士は民間資格であり、そこまで難しくありません。

高齢者の食事は普通の食事に比べ様々な事に注意しなければなりません。

そのうえ利用者様が毎日の食事を楽しまれるように彩や季節の食材を取り入れ季節を感じられるようにするなど多くの配慮が必要です。

それらを学ぶためにも介護食士はおススメです。

これからの時代、介護福祉士に求められていくものとは?

介護業界も民間企業が多数参入するようになりました。一昔前は施設はベットの空きが出ても直ぐに埋まってしまい、待機者が出るほどでしたが施設が年々増加していく中で施設間の競争が激化してきました。

その中で職員不足に陥り閉鎖に陥る施設も出てきており、ただ利用者の介助をしていれば潰れることは無い安心して働ける職場では無くなってきました。

利用者=お客様の目線を持つこと

利用者様はお客様です。インターネットは発達する中で介護施設も口コミサイトが出来るようになりました。

その中で実際に介助を受けられた方やご家族の方が施設の良いところ、悪いところを書いており中には低評価の施設もあります。

今ではそういった口コミも施設を選ぶうえでの重要なポイントになっており毎日の支援が施設の評判へと繋がります。

評判を良くするためにはスキルアップと同時にレクリエーションを充実させたり、他施設が行っていないことに挑戦したりと様々な事にチャレンジしていかなければこの先生き残る事は出来ません。

利用者主体である事を忘れず利用者は何を求めているのかを常に考え仕事をしていきましょう。

社会の変容や制度改正に対応できるかどうか

介護業界も常に変容し続けています。昔の考え方が通用しなくなっており利用者のニーズも変わってきています。

そうなったときに昔の考えのままでは施設が時代に取り残されてしまい、これからの競争社会で生き残ることは出来ません。

例えばここ数年の間にエンパワーメントという言葉をよく耳にするようになりました。

これは利用者自身が自己決定し人生の主人公になれるように社会資源を検討したり能力を開花させたりすることで、それまでは利用者ではなく周りが決めていることが多く、本人の意思や自立を妨げていました。

それによりご本人が持っている生きようとする力が無くなったり能力が低下するなどの問題もあり、現在では利用者主体で利用者の意思決定が重要となってきました。

そのように社会は常に変わりつつあります。その変化に即座に対応できる介護福祉士を介護業界は求めています。

職責の重大性を再確認する

現在日本は超高齢化社会に突入しています。現在も増え続けており2025年には高齢者率が30%を超えると予想されています。

そうなってくると今までのようにただ施設で現状維持を目標に掲げていては増え続けるだけです。

現状福祉職は医療職の下とされ医療職のヒエラルキーの最下層とされています。

しかし今後高齢者が増え続けて行った時にもっとも必要とされるのが我々介護職です。

多くの経験で学んだことはどんな参考書を読んでもどれだけの研修に参加しても得られることは出来ません。

その経験は介護の現場のみならず様々な場所で必要となってきます。

例えばホテルなどの宿泊施設では昨今サービス介助士という資格取得が人気となっています。

これは高齢者が増えていくことで高齢のお客様も増えており中には車いすで介助の必要な方も居ます。そういった方に対応できるようにサービス介助士という資格が存在します。

今後さらに増えていく中で現場で多くの経験をされている介護福祉士が高齢者の方に対応できるようにホテルを始め様々な場所で必要とされる時代が必ずやってきます。

そういった社会の大きな期待に応えるために今から多くの事を経験し学んでおきましょう。

まとめ

介護福祉士は取得してからが始まりです。

日々の仕事の中で様々な体験をします。自分で対応できる場合もあれば何をすればいいのか分からない、理解できない事等多くの壁に直面します。

それらは仕事の中だけでは学ぶことは出来ません。様々な研修に参加したり資格を取得することでスキルアップに繋がります。

壁を超えることが出来れば利用者様から信頼される介護福祉士になれるのです。

また介護福祉士を取得することで様々な将来設計を立てることが出来ます。

主任や施設長に上りつめるもよし、独立し自分の施設を持つ、その経験を活かし転職される方も居ます。しかしそれらは日々のスキルアップが無くてはなることは出来ません。

毎日が勉強です、無駄な事なんてありません今は必要のない自分に関係のないことが将来必ず役に立ってきます。自己研磨の精神を忘れずに毎日自分自身を磨き続けましょう。

最終更新日:2019年12月5日